​業務事例

書類作成業務

書類作成代理人として、法的問題点が起こらないよう、予防法務的視野に立って契約書等の作成をしていきます。

  1. 国や地方公共団体など、官公署に提出する書類 建設業許可・会社設立等

  2. 事実証明に関する書類 ・財務諸表・会計帳簿等

  3. 権利義務に関する書類 遺言書・遺産分割協議書、会社定款等の作成

許認可申請の代理業務

作成した書類を官公署へ提出する手続きについて、依頼主に代理して提出を行う業務です。 国民と官公署を結ぶパイプ役として、折衝能力が求められます。

ビジネスマン
ビジネス商談

相談業務

行政書士は顧客から依頼された書類作成について相談に応じることが業務として認められています。相続手続に関する相談といった個人レベルの内容から、企業の経営・法務相談といったコンサルティング業務まで、内容は様々です。

業務内容別行政書士業務

ビジネスに関する業務

会社設立

会社を設立するには、定款作成のほか、様々な書類の作成・申請が必要になります。行政書士はこの準備段階から相談を受けて関わります。

記帳会計

ご依頼により、「事実証明に関する書類の作成」に当たる業務として仕訳帳、総勘定元帳、損益計算書、貸借対照表などを作成します。

暮らしに関する業務

遺言・相続

行政書士は「権利義務に関する書類」の一環として、遺言書や遺産分割協議書を作成します。またその際、作成する書類に問題点がないか法的分野からアドバイスします。

業務料金表